紀ノ川柿のご紹介!

こんにちは!産直市場よってってです。

今回は和歌山県紀の川市・かつらぎ町を主な産地とする「紀ノ川柿」をご紹介します。

柿をもらって、切ってみると中が真っ黒!これって大丈夫なの?と思ったことはありませんか?

実は紀ノ川柿は、果肉が黒っぽいんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「紀ノ川柿」は、平核無柿を木にならせたまま渋抜きをしたもの(実は品種名ではありません)。

平核無柿は収穫後渋抜きをしますが、紀ノ川柿は木になったままの状態で渋抜きをするので、果肉が黒砂糖を含んだような黒色になるんです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲柿が色づく前に、固形アルコール入りの袋を丁寧にかぶせて丸一日おき、その後袋の下を切って色づくのを待ち収穫します。

木についている期間が長いので、その分甘みの強い柿になるんだそうです! :-D

甘くてジューシーな紀ノ川柿、ぜひ一度お試しください♪

Comments are closed.